僕らは思いを焦がす

リオから体操にはまったものの戯言。加藤凌平くんを中心にいろいろ

華麗なる逆襲

全日本種目別選手権が終わりました。

凌平くんは、代表に、選ばれなかった。

 

今回、白井くんが既に個人総合枠で代表に決定しているから、ゆかで白井くんに次ぐ2位に入れば、代表行けるんじゃないかなって、淡い期待を。

凌平くんの演技を見た現地のファンの方のツイートが、もう絶賛だったこと。得点も、Dスコアも、申し分なかったこと。本人の満足げなガッツポーズと表情と。

でも、あと1歩、届かなかった。

 

凌平くんは、オールラウンダーで、突出したスペシャルな種目があるわけじゃないから、個人総合枠じゃないと代表入りは厳しいと、リオ選考の時から言われていて。あのときはN杯で、見事に、ほんとに見事に代表をかっさらったわけだけど。

今回の世界選手権は団体もないし、種目別で残るのは、厳しいのかなって、素人の私なりに思っていて。

届かなかった、もうちょっと、届かなかった、でも、ゆかも、平行棒も、攻めた構成、進化が伝わる出来で。

特にゆかは、素晴らしい演技だったとほんとに伝わってきて、ファンなら喜ぶべき、なんだろうけど。

 

年末。

凌平くんは、新ルールをふまえて。代表を狙うか、土台をしっかり作りなおして難易度をあげて安定させるか悩んでいる。

でも、正直代表を外れる勇気がない、と。

 

ロンドン以来、航平さん以外でずっと代表に選ばれていたのは凌平くんだけで。

そこを外れるっていうのは本当に悔しいと思う。

代表に呼ばれていく選手に取り残された姿を、見れてない私はよかったのか、残念だったのか。

選ばれてほしかった。

並ぶ代表選手の中に、いてほしかった。

 

選ばれた選手たちもみんな大好きで、とても嬉しいけど、私はやっぱり凌平くんが大好きで、かなり複雑な気持ちになったけど。

見せてもらった試合後の凌平くんの笑顔が、なんだかスッキリしていたから。

きっと、もうすでに、前を向いて歩きだしていると思えたから。

 

この代表落ちがあったからステップアップできたと。

もっと強くなれたと。

きっと言えるようにする凌平くんだと思うから。

 

極度のマイペースで、スーパーポジティブで、なんとかなるさ精神で。

この逆境からの、華麗なる逆襲を。

遠くから信じて祈りながら、応援していきたいなって思います。

 

恐ろしいくらい綺麗な顔で、憎たらしいほどのメンタルの強さで。

さあ、ひっくり返しに行こうぜ。

さて、N杯。

明日です。

泣いても笑っても、明日です。

 

いろんな思いがぐるぐる。

某所で彼が言った、「ベストの演技」ができますようにと。

 

怪我なく、楽しく、悔いのない演技をと。

いつもそう思ってるけど。

やっぱり好きな人には勝って欲しい。

彼が代表にこだわるなら、入って欲しいと。

思わずにはいられなくて。

 

今回ばっかりは、なかなか厳しいかもしれないけど。

それでも遠い空の下から、念を送ります。

 

頑張ってる人にこう言うのは、どうかなって思うけど、やっぱり、やっぱり、ガンバです。

 

f:id:mukairi:20170520235033j:image

言いたいこと、思いは尽きないけど、全部書いたらいつまでも更新できないダメ女だから、今日の思いのカケラだけでも置いておきます。

輝け⭐️未来のアスリート!(テレビ放送版のみの部分)レポ

テレ玉でのみ放送された、凌平くん出演の、輝け未来のアスリート。

私は埼玉在住のお友達にダビングしていただいたのですが、見れなかった方のためにレポしようと思っていたら、その前に公式さんが動画をアップしてくださいました!!

ありがたや。

しかし、担当ディレクターさんも某所でおっしゃってましたが、ネット版は権利の都合上リオの映像部分は全部カット、その分やまむキャプテンとの対談の部分が増やされた形になっています。

ということで自分勝手な使命感に燃えた私がネット版にないリオの振り返り部分をスクショレポするぜー!

ってやってみたけど、スクショレポってほんとに大変なんですね、某ブログの某氏を心から尊敬するとともに感謝の意を。ここに書いても届かないか><

そしてネット版についてはまた皆さんが忘れたようなころに記事にしたいと思います。。。(まあ散々ツイッタ―で語ってるからいいかってのはある)

前置きが長いですがでは!リオの実況の部分はだいぶ省いてますがどうぞ。

 

 

f:id:mukairi:20170304135512j:image

 

f:id:mukairi:20170304135539j:image

小学校の卒業文集に描いた、将来の夢、それは、体操のオリンピック選手。

この夢を叶えた人物が、今回注目するアスリート。

f:id:mukairi:20170304135822j:image

リオオリンピック、体操男子団体の金メダリスト、体操界ナンバーワンのイケメンとも呼ばれている、コナミスポーツクラブ所属の加藤凌平選手です。

 

f:id:mukairi:20170304141002j:image

f:id:mukairi:20170304141014j:image

2016年夏、日本中を熱狂の渦に巻き込んだリオオリンピック。

12年ぶりの金メダル奪還を成し遂げた、体操ニッポンの復活劇に、多くの人が酔いしれました。

 f:id:mukairi:20170304142909j:image

日本中が固唾を飲んで見届けた、体操団体の決勝。日本の最大の目標は、アテネオリンピック以来の、団体金メダル。

加藤選手は、オールラウンダーとして、団体6種目のうち、5種目に出場しました。

 f:id:mukairi:20170304142923j:image

「まあ6種目中5種目を任されたということは、それほど、期待されて信頼されているというように受け取ったので、確実に、成功するように。自信を持って演技をしました」

 f:id:mukairi:20170304143630j:image

加藤選手の持ち味は、抜群の安定感。

いつでも、どんな状況下でも、自分を貫くことができる強靭なメンタルが最大の武器です。

【メンタルを保つ秘訣は?】

 「やっぱり練習でどれだけ自信をつけられるかっていうのと、試合中は、もうほとんど一喜一憂せずに、もう一定した気持ちでやっていくのが、僕の中で心がけていることです」

 

オリンピックの大舞台でも、メンタルの強さを発揮。

そんな中、日本にとって鬼門と呼ばれている種目を迎えます。

f:id:mukairi:20170304145435j:image

「いつも日本は、鉄棒で失敗して、メダルを逃したり、納得のいく演技ができなかったりっていうことが多いので」

f:id:mukairi:20170304145126j:image

【実況】GOサインが出ました。ゆっくり時間を使って、気持ちを集中します

「鉄棒にぶら下がる前に心を落ち着かせて、演技を一連イメージトレーニングして、ま、そういうことを、やっていました」

【実況】演技スタート!まずそのカッシーナは最初に来ますね

「一番最初の、G難度のカッシーナという技を、今年から取り入れたので、それを持てれば、あとは着地まで通し切れると思っていました」

この難しい技を、見事に成功!

f:id:mukairi:20170304145149j:image

「いやっ、もう本当に、決めることしか考えていなかったので、その通りに行って、いい演技ができたなというような感じです」

「無意識にガッツポーズ出ることは全くないので、ほんとに自分の中で、納得のいく演技ができたんだなと思います」

 

そして最終種目のゆか。

f:id:mukairi:20170513080328j:image

「点数が出た時点で、ま、勝ったな、と。航平さんなら決めてくれるだろうから」

 

そして、ついに。

f:id:mukairi:20170513081119j:image

【実況】王者の着地!決まりました!

f:id:mukairi:20170513081348j:image

「幸せだな、というような、気持ちになりました」

「表彰台、一番上に立つときに、昔の日本の一番になった時を見てかっこいいなって思ったり。そういう憧れもあったので、まみんなで、ぎこちないながら、それをやるように計画しました」

「(君が代は)せっかくだから、声が枯れるまで歌うというような、そういう風にみんなで話してました」

「ほんとに、今までやってきてよかったっていうのと、まだまだ伸びしろがあると思うので、これを機にまた頑張ろうっていうような、二つの思いがありました」