読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らは思いを焦がす

リオから体操にはまったものの戯言。加藤凌平くんを中心にいろいろ

加藤家の遺伝子と広報そうかと

R&… 記事

mainichi.jp

凌平くんの弟の、ゆーとくんの記事。

兄は、昨年のリオデジャネイロ五輪・男子体操団体で金メダルを獲得した加藤凌平選手。父は、同五輪などで日本代表コーチを務める裕之さん。体操一家で育ったサラブレッドだ。体操を始めたのは幼稚園年長の頃。4歳年上の凌平選手の練習を見に行ってトランポリンで遊ぶうち、自然に体操の世界に入っていった。「全てが新鮮で新しい技に挑戦するのが楽しかった」。すぐにのめり込んだ。

 

小学生時代も体操を続けた。転機は、埼玉県草加市立栄中3年の時。全国中学校体操競技選手権大会で、個人総合・団体ともに3位に輝いて才能を開花させた。

 

中学卒業後は、兄と同じ埼玉栄高(さいたま市西区)に進学。同高3年の時にインターハイの個人総合で優勝し、初めて全国の頂点に立った。

 

兄凌平さんと父裕之さんのインターハイでの最高成績は2位。それを上回る成績を残せたことは、素直にうれしかった。それでも、「個人で大きく失敗した種目も一つあったし、仲間と一緒に勝ちたいとこだわっていた団体は3位に終わり、喜び半分、悔しさ半分だった」と振り返る。

 

大学も兄の背中を追うように強豪・順天堂大に進む。世界クラスの先輩たちに出会って刺激を受け、「完璧な演技」を追求する日々を送る。インターハイでのたった1種目の失敗の原因は「集中力を持続できなかったこと」と分析し、特に試合直前の練習で「いかに集中力を持続し、すべての種目でノーミスを通せるか」にこだわった練習を重ねた。

 

そうして迎えた昨年の全日本インカレは「ナショナルチームに入っている選手に勝ちたい」と目標を掲げて臨んだ。新技に挑戦した最初の跳馬ではミスがあったが、残る種目で立て直すことができ、同じ学年ではトップの10位に食い込んだ。ノーミス達成はならなかったが、「失敗しても、崩れない強さが身についた」と手応えもつかんだ。

 

今の目標は「ナショナルチームに選ばれること」。その上で、大きな大会で上位に入り、2020年東京五輪を見据える。「最終目標は、五輪の個人も団体も金メダル」。兄に続き、晴れ舞台での最高のパフォーマンスを誓った。

 そうか、お父様も凌平くんもインターハイ個人優勝はできなかったけどゆーとくんはしたんだなぁ。お父様も以前何かの番組で、素質は弟の方が上、みたいなことおっしゃってた気がするけど。(ちなみに凌平くんが優勝できなかったのはしょーごくんがいたからだよね。この二人の関係性もすごく興味深いんだよな)

いやいやそれにしてもほんとイケメン兄弟ですよね。兄弟そろってこんなにカッコイイ、しかもスポーツ選手ってあんまりいないのでは。弟の方が優しくてかっこいいよっていう地元の人の声をいくつか見たのは黙っておくけど(言ってる

 f:id:mukairi:20170105165655j:image

いやいや加藤家の遺伝子ほんとすごいって話です。もちろん体操の面もだよ!凌平くんはお母さん似だけどゆーとくんはどうかなぁ。兄弟はそんなに似てない気がする。

ゆーとくんも将来はコナミに入るのかな。一緒なチームで演技する加藤兄弟が見たいです。その前に代表で一緒にやってくれたら嬉しいなー泣いちゃう。

ゆーとくんインスタにお正月のお写真あげてたけど兄ちゃんの影も形もなかったね・・・そんなもんかなw野々村家の仲良しっぷり見ちゃったからうらやましいなw

 

そんなゆーとくんは年末わら。の人のインスタに

 f:id:mukairi:20170106055610j:image

 

ティッシュ鼻につめててもイケメン!

 

広報そうかの1/1号の表紙がコナミメン!

 f:id:mukairi:20170105165748j:image

みごとに背の順かわいいです。ゆーてんはツイにあげてくれたのを見た時は髪切った!?って思ったけどあげてるんだね~。

それにしても凌平くんの美人さなんなん。なんなんなん。口角上がってるな!

中身にもちらりといらっしゃいます。

f:id:mukairi:20170105165809j:image